下山事件 最後の証言 - 柴田哲孝

最後の証言 下山事件 柴田哲孝

Add: efifagi31 - Date: 2020-12-02 14:36:47 - Views: 5437 - Clicks: 6087

Amazonで柴田 哲孝の下山事件―最後の証言。アマゾンならポイント還元本が多数。柴田 哲孝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また下山事件―最後の証言もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 著者「柴田哲孝」の新刊情報です。柴田哲孝のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:一九五七年、東京都生まれ。二〇〇六年『下山事件 最後の証言』で第五九回日. 『夢追い人よ 斉藤茂男取材ノート1』斉藤茂男(築地書館1989) 4. 柴田哲孝の独断と偏見の動物学 愛しのわが仲間たち(1997年6月 善文社) 白いサーフボード 日本で初めてサーフボードを作った男・高橋太郎の伝説(1998年8月 たちばな出版) 下山事件 最後の証言(年7月 祥伝社 / 年7月 祥伝社文庫). いま昭和史最大の謎の“真実”が. 1949年7月6日未明、東京都足立区の常磐線と東武伊勢崎線が交差する高架下付近の線路で、轢死体(れきしたい)が発見された。死んでいたのは. re: 下山事件 横浜臨海公園さん 訪問ありがとうございます。下山事件は「下山事件 最後の証言・柴田哲孝著」でひとつの区切りがついたのではと思います。もう時間もたち、またこれ以上でも以下でもないのしょうね・・・。.

下山事件が他殺であれば、犯人はなんの刑に服することもなく、その後の人生を生きたことになる。下山事件だけではない。三大事件はいわばすべて未解決のままなのだ。松川事件の容疑者が全員無罪とされたあと、結局真犯人が捕まることはなかった。三鷹事件も単独犯とされた運転士は自白を覆し、無罪を主張したまま若くして獄死している。もしこれも冤罪であれば、同じく真犯人はその後も普通の生活を続けたことになる。 赤色テロでないのならば、左翼潰しの謀略だった可能性が一層高まるが、それも有耶無耶にされたままだ。無実の人間だけが冤罪に苦しみ、実際に罪を犯した人間はのうのうと生きている。結局これらの事件では、被害に遭った方々と冤罪で捕らえられた弱者だけが苦しんだことになる。権力者の陰謀であったとしたら許せない. Tweet『下山事件 最後の証言 完全版』(文庫版) 『下山事件 最後の証言』(単行本版) 今売りの「文藝春秋」10月号「真相 未解決事件35」という特集の中で、下山事件が採り上げられています。記事を書いているのは柴田哲孝氏。当然ですが他殺説で決定済み(笑)という内容になっています. 『秘密のファイル CIAの対日工作』(上・下)春名幹男(共同通信社) 5. 下山事件 暗殺者たちの夏 著柴田哲孝 1949年7月5日に初代国鉄総裁の下山定則が行方不明となり、6日に遺体が発見された「下山事件」は、昭和史最大の謎の事件と言われている。そもそも下山は自殺したのか、それとも他殺だったのかすらわかっていない。. まあ無用の心配だけど。 最後にもう一つ。 ここまで触れることができなかったが、著者は、この事件の登場人物の多くが満州鉄道人脈であることを指摘している。関東軍による張作霖爆殺事件とこの事件との類似性まで論じているのだ。つまり、旧日本軍の残党(と言っていい人)たちが戦後日本の利権構造にも食い込んでいた。そして、全員とは言わないが、その中には日本の再軍備を目ざして活動する国粋主義者もいたという。なんとも恐ろしい話だ。 彼らは誰も罰せられることなく、その後の日本でも影響力を持ち続けたわけだ。GHQの方針が変わっていなかったら、そして下山が生き続けて構造改革をやり遂げ、それに続く人材が各分野に登場していたら、どんな日本になっていただろう。そう思わざるをえない。.

下山定則という人はどんな人物だったのだろう。初代国鉄総裁という肩書きが先入観を生み、多くの人は実際の下山についてあまり考えようとしなかったのではなかろうか。 下山は技術畑出身の生え抜きで、根っからの「汽車好き」だったという。運輸次官まで上りつめたとはいえ、政治的な動きを得意とするタイプではなく、とにかく真面目な男だった。 「だから?」と言われそうだが、下山が根っからの国鉄マンだったと分かれば、次のような証言が真実みを帯びる。ある国鉄幹部の言葉だ。 もちろん個人の意見にすぎず、物証でも何でもない。また、自殺する人間は正常な判断ができなくなっていると反論する人もいるかもしれない。しかし、それでも現場を知る人間のこの言葉には説得力がある。少なくとも自殺説に疑念を持つ理由にはなると思う。 そして、著者はさらに踏み込む。下山定則は、そもそも国鉄労組の敵だったのか? 元福島機関区の運転士がこんなことを言っている。 人員整理をめぐって労使の緊張は高まっていたが、労組側は下山を「左派の味方」だと考えていたことになる。そして実際に下村は、亡くなる前日に発表した解雇者名簿において、政府からの要望を退けて「左派に偏らない」公平な人選を行っていた。労組幹部を狙い打ちするような政治的な工作をしなかったのだ。 叩き上げとして一生を鉄道に捧げてきた下山にとって、国鉄労働者は昨日までの同僚でもある。同情心が湧くのも当然だろうし、何より心から国鉄のことを思って物事を判断していたと考えることもできる。 下山の来歴からすれば、自殺するとしても鉄道自殺を選ぶ確率はきわめて低い。また、赤色テロであるなら、少なくとも労組側は下山を敵と考えていなければならないが、実際はまったく逆だった。それどころか、下山が自分たちを守ってくれていると信じていたわけだ。「国鉄総裁」という下山の肩書きだけを見ていたら、自殺説や赤色テロ説もそれなりにもっともらしく感じるが、下山定則とはどのような人だったかと少しでも思いを巡らせれば、ほとんどあり得ないストーリーだったことがわかる。 曖昧なイメージにすぎない人物像を重視しすぎるのが危険なことは分かっている。肩書きからの先入観に囚われるのと同様、フィルターを通して見ることになってしまう。そこは慎重であるべきだろうが、それでもこれをベースに考えると、いろいろな謎が解けるのも確かで、僕. 『葬られた夏 追跡下山事件』諸永裕司(朝日新聞社) どれも実際には読んでいないので、この本で紹介されている範囲でしか内容は分からないが、いずれも他殺論を展開していることは言うまでもない。しかも、GHQやCIAの関与を暴き出す、スケールの大きな推理劇だ。 そして年、この本の著者柴田哲孝が単行本『下山事件 最後の証言』を発行。それに加筆・修正して年に文庫化されたものがこの本だ。. 『下山事件・最後の証言』発進! ⇒ windy (04/06) 全人代と壇蜜と ⇒ TENGU (03/07) 全人代と壇蜜と ⇒ komo (03/07) 対談 ⇒ 福島組 (02/24) 中国は何を考えているのか ⇒ 壱廊 (02/16) アルジェリア人質事件考 ⇒ Honda (02/08) 中国は何を考えているのか ⇒ TENGU (02/07) links. 『日本の黒い霧』(上・下)松本清張(文春文庫1974) 3. Amazonで柴田 哲孝の下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3)。アマゾンならポイント還元本が多数。柴田 哲孝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 例によってダラダラと長文になってしまったが、これでもほとんどの部分を端折ってきた。犯行場面にはまったく触れなかったし、GHQ内部のことや各工作機関の詳細についても省いた。松本清張が主犯と断定した(?)キャノン機関にもほとんど言及しなかったし、この本のキモでもある著者の祖父と彼が所属していた亜細亜産業についても. 中篇につづき、柴田哲孝著『下山事件 最後の証言』から引用(要約)しながら、わたしの感想を述べます。 映像作家・森達也 柴田哲孝は映画監督・井筒和幸に下山事件について話したところ、テレビのドキュメンタリーのほうがいいとの理由で映像作家を. great book占領期を知るための名著 vol.

」祖父の二三回忌の席で、大叔母が呟いた一言がすべての発端だった。. 「下山事件」とは戦後間もない頃、初代国鉄総裁が線路で轢死体として発見される。 自殺説・他. 下山事件 - 最後の証言 - 柴田哲孝 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 下山定則が運輸次官に就任したのは昭和23(1948)年、贈収賄汚職で当時の次官が引責辞任したあと、GHQのCTS(交通監理部門)の命により大抜擢されたのだった。著者の叔父の話に出てくる猪俣という男が「取引を切られた」のはこの次官時代のことで、汚職構造に立ち向かう下山の姿勢の一端が垣間見える。そして翌年、日本国有鉄道公社設立とともに初代総裁に就任する。「この経緯を見ても、下山総裁が『汚職の番人』としてGHQから送り込まれたことは容易に想像できる。」(P513) つまり、こういうことだ。GHQは日本の政財界の利権と汚職の構造を断ち切ろうとして、国鉄を公社化し、そのトップに下山を据えた。そして、下山はその期待通りに国鉄事業の構造改革に取り組んでいく。端的に言えば利権の排除だ。慌てたのは言うまでもなく既得権益を得ていた連中だろう。著者が実行犯とする右翼の大物は、その汚職構造の中にうまく入り込み寄生していた存在にすぎない。中心を成していたのは政治家であり、産業界の実力者たちだ。下山が敵に回したのは、そうした国の中枢を担う者たちだったということだ。彼らにとって下山は邪魔な存在となっていた。 こう言ってしまうとストーリーとして美しすぎるかもしれないが、僕にはとてもしっくりきた。実行犯は激情に駆られた不逞の輩にすぎないのかもしれないが、真相が暴かれると、その背後にある古くからの利権構造まで明るみに出てしまう可能性がある。その構造を守ろうとした者たち−−下山を邪魔に思っていた者たち−−が、最初は犯行を黙認し、その後はあらゆる手段を尽くして真相解明を阻止しつづける。. 柴田 哲孝: カナ: シバタテツタカ: プロフィール 『下山事件 最後の証言』で、第59回日本推理作家協会評論その他の部門賞. 著者は、あの『下山事件 最後の証言』の柴田哲孝氏です。最後の証言が年7月の出版ですから、一昔前の事です。 『下山事件 最後の証言』はノンフィクションですが、今回の『下山事件 暗殺者たちの夏』はフィクションなのです。. 著者「柴田哲孝」のおすすめランキングです。柴田哲孝のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:一九五七年、東京都生まれ。二〇〇六年『下山事件 最後の証言』で.

1957年東京都生まれ。日本大学芸術学部写真学科中退。フリーのカメラマンから作家に転身。年『下山事件 最後の証言』で、第59回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)を受賞。. 『謀殺 下山事件』矢田喜美夫(講談社1973) 2. 「下山事件 最後の証言」 柴田哲孝 定価: ¥ 2,200 柴田哲孝 本 book ノンフィクション 教養 「あの事件をやったのはね、もしかしたら、兄さんかもしれない. 完全版 下山事件 最後の証言 - 最後の証言 - 柴田哲孝 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

。 それだけ情報量の多い労作だということだ。これだけ時間をかけてメモを綴っても、僕の頭に残っているのはこの本のいったい何%なんだろうとため息が出るくらい。だから仮にこのメモを読んでからこの本を手に取る人がいたとしても、興がそがれることはまずないと思う。. 著者の柴田哲孝が、大叔母から祖父が下山事件に関与していたことを聞き、調査を進めてまとめ上げたものが本書。 基本的には状況証拠だけで推理を進めており、雑に感じるところや飛躍しすぎるところがあるが、一読してみて概ね納得できる理論を展開し. そんな思いが多くの人々を駆り立てたのだろう。 前述のとおり、数多くのジャーナリストや作家が下山事件(そして松川事件、三鷹事件)の真相を解明しようと、地道な取材を重ね、仮説を積み上げてきた。この本でも随所で先行文献からの引用があり、またその著者から直接聞き出した話が取り上げられている。主なものは次の5冊だ。 1. 下左は、1964年(昭和49)に出版された下山事件研究会編『資料・下山事件』(みすず書房)。研究白書ないしは資料集の体裁をしており、装丁はなく真っ白だ。下右は、年(平成17)出版の柴田哲孝『下山事件 最後の証言』(祥伝社)。. 私の祖父は実行犯なのか。戦後史最大の謎。半世紀を超えてついに核心に迫る親族の生々しい証言。「約束しろ。おれが死ぬまで書くな」祖父の盟友にして某特務機関の総師は言った。真相を知る祖父の弟、妹、そして彼も没した今、私は当事者から取材したすべてを語ろう。「あの事件をやっ. 柴田哲孝 : 1957年東京都生まれ。日本大学芸術学部写真学科中退。フリーのカメラマンから作家に転身。年『下山事件 最後の証言』で、第59回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)を受賞。. 帰りはエレベーターに乗り、2階のパブに寄った。柴田哲孝は諸永祐司と混んだ店の窓際の小さなテーブルに座り、かつてこの場所に現存した亜細亜産業時代のオフィスを空想する。 (つづく) 柴田哲孝著『下山事件 最後の証言』(中篇) 年12月23日. GHQ主犯説も著者は否定している。二人の実行犯のうちの一人はGHQの人間だが、組織的な関わりはなかったというのだ。最終的に著者がたどり着いたのは、国鉄をめぐる利権がこの事件を生んだというストーリーだった。下山が心から鉄道(国鉄)を愛していたと考えると、実にすっきりと納得できるものだ。 リニアモーターカーに関連する投資額は1兆円を超えると聞いているが、それを引き合いに出すまでもなく、鉄道の敷設・維持には莫大な資金が動く。日本国有鉄道公社に移管する前はそれを国が直轄していたわけだから、政治家が黙って見ているわけがないだろう。腐敗の温床だったとしても不思議ではない。 下山事件 最後の証言 - 柴田哲孝 当時の日本では、こうやって国の資金が政治家の懐へと流れていったのだ。上は著者の叔父の言葉なのだが、次のような話もしている。当時、下山総裁の暗殺を予言する猪俣という男がいたという。 この猪俣が次のような話をした。ちょうどその頃、東北本線の電化の話が持ち上がり、それにともなう発電所建設の受注を日立と東芝が争った。それが下山の一言で日立に決まる。発電所の建設といえば投資金額は莫大なもので、利権の規模も大きい。東芝側の利権に絡んでいたある男が猪俣の目の前で「下山を殺してバラバラにしてやると言った」。(P514) 結論を言うと、この東芝側の利権に絡んでいた男が実行犯だというのが著者の見立てだ(明言はしていないが)。転向組の国粋主義者である。もう一人はGHQのキャノン機関の日系二世将校で、のちにCIAで各国支局長を務めるなど権勢を誇ることになる男。ちなみにこの時すでにキャノン機関に籍を置きつつもCIAの人間だった。なぜこの人物が関わることになったのかは不明だが、キャノン機関もCIAも組織的に関与したわけではないらしい。 だとすると金絡みの怨恨による犯行ということになり、このセンセーショナルな暗殺事件が急に陳腐なものに感じられてくるが、前にも言ったように、実行犯の他にもこの事件の周辺には多くの人間が蠢いていた。問題は、どういう利害関係を持った連中がそこにいたのかということだろう。著者が指摘するのは、公社設立前から国鉄の事業をがんじがらめに縛り付けてきた利権の構造である。政財官があうんの呼吸で結びつき、公の資金を地下に伏流させる、古くからの権力構造。.

その事件に僕の祖父が関わっていたというのを知り、15年かけ、百人以上の話を聞き『下山事件 最後の証言』というノンフィクションを書きまし. See full list on kamegoro. 下山事件 最後の証言 完全版 (祥伝社文庫)/柴田 哲孝(文庫:祥伝社文庫) - 【日本推理作家協会賞(第59回)】【「TRC MARC」の商品解説】.

6 『下山事件 最後の証言』 柴田哲孝(後編) ここでは、小説家・文芸評論家の野崎六助が 過去の名著から占領期の時代背景を考察します。. mixi柴田哲孝 ご挨拶 はじめまして、夏花と申します! 柴田哲孝ブログの管理もしている、実の娘でございます。 ブログのアクセス解析を見ていてリンク元のURLにmixiのコミュニティがあるぞ? 戦後の未解決事件としてあまりに有名だが、こうして詳しく内容を知ると、ますます興味深い。 著者の祖父が本事件に深く関わったかも知れないことから進められる取材は、身内や核心に近い人物から情報を引き出すのに有利だったようだ。. >下山事件 最後の証言 完全版 祥伝社文庫/柴田哲孝(著者) 下山事件 最後の証言 完全版 祥伝社文庫/柴田哲孝(著者) 店舗名:BOOKOFF Online ヤフー店. 柴田哲考 「下山事件 ー最後の証言」 | 七転び八転び!. 柴田氏はやはり祥伝社から「下山事件完全版 最後の証言」という本を書いている。 この二つの本を合わせ読めば、あの下山事件は実は自殺ではなく謀殺だったということがわかるという。. 柴田 哲孝『下山事件完全版―最後の証言』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。. 「私は下山事件の実行犯でした」――事件発生から67年後の新証言、実行犯は陸軍中野学校の卒業生だった! 戦後最大の未解決事件と言えば、旧国鉄の下山定則総裁が轢死体として発見された『下山事件』だ。.

柴田哲孝著『完全版 下山事件-最後の証言-』にも紹介されている。 平成17()年度より整理資料を公開している(原資料保護のため複写版)。 関連作品 書籍. 柴田 哲孝『下山事件 暗殺者たちの夏』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。小説だからこそ、書けることがある。 『下山事件 最後の証言』の衝撃から10年.

下山事件 最後の証言 - 柴田哲孝

email: robivame@gmail.com - phone:(973) 972-8887 x 2248

ハードディスク逆引き事典 - ハイテクライト - 変わる日本語その感性

-> 生命のエネルギー アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ - ウラジーミル・メグレ
-> 秘書検定試験1級実問題集 2007 - 実務技能検定協会

下山事件 最後の証言 - 柴田哲孝 - 松島徹八 で決める 仕事の楽しみ方は


Sitemap 1

空色朝顔 - 大谷和子 - 万年筆が欲しくなる本